stan_logo

米作りの常識をITで変える

稲作支援SaaSは水管理などの労力の大幅削減、米収獲量の最大化、米の品質の向上を支援するサービスです

「稲作支援SaaS」とは?
水田に農業向けITセンサーを設置し、米の品質向上・安定収穫を支援するシステムです。
リアルタイムでの「気温・水位・水温・etc.」の計測・収集し、蓄積されたデータをもとにAIの自動解析による作業提言・提案を行います。
こんなことで困っていませんか?

1日に何度も畑の様子をみにいっている

毎日、複数の圃場の見回りをしている

最適な作業時期がわからない・毎年同じ時期である

稲作支援SaaSができること
圃場情報を一目で確認
ダッシュボードでは予想収穫日・生育状況・水位グラフなど、さまざまな情報を確認できます。
圃場毎のデータ収集・分析
圃場のセンサーから取得したデータを収集します。田植え時期からデータを分析することで今季の傾向を知ることができます。
生育記録の自動作成
自動で日々の画像を蓄積することで生育の記録が可能です。同時にAIの画像診断も行うことができます。 例年の記録から学習することでナレッジとして蓄積できます。
LINEとの連携
LINEで様々な操作が可能
定期報告・リスク発生時の警告通知
圃場(センサー)情報の問い合わせ
生育稲のAI画像診断
日々の作業内容の入力
稲作支援SaaSができること
圃場情報を一目で確認
ダッシュボードでは予想収穫日・生育状況・水位グラフなど、さまざまな情報を確認できます。
圃場毎のデータ収集・分析
圃場のセンサーから取得したデータを収集します。田植え時期からデータを分析することで今季の傾向を知ることができます。
生育記録の自動作成
自動で日々の画像を蓄積することで生育の記録が可能です。同時にAIの画像診断も行うことができます。 例年の記録から学習することでナレッジとして蓄積できます。
LINEとの連携
LINEで様々な操作が可能
定期報告・リスク発生時の警告通知
圃場(センサー)情報の問い合わせ
生育稲のAI画像診断
日々の作業内容の入力